(基礎型枠兼用断熱材) J-リミテッドフォーム

商品イメージ

基礎型枠革命・簡単・スピーディ・省エネ・防蟻


〇部材は基礎伏図に基づいて工場プレカットされて現場に納品

〇品質の一定した基礎をつくることが可能

〇軽量で作業性、加工もしやすく組立も簡単、断熱性も高い

〇現場工期短縮、余分な資材は持込まない、施工現場の美観保持、廃棄物抑制への貢献

○打込み式のため、打設後のパネル取外し手間不要、作業完了後の保管スペースも不要

〇保温性に優れた発泡スチロール製なので、冬季のコンクリート打設後の凍結防止効果もあり

〇優れた性質のを持つビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)、極寒の南極基地で40年以上も前からの使用実績

〇人体や動物などに無害な無機質(ホウ酸系化合物)成分で作られた、シロアリ防除機能付きの断熱材

 

商品概要 (基礎断熱型枠材)

布基礎、ベタ基礎はもちろん、米国では常識のスラブオングレード「Jリミテッド基礎」(耐圧盤式土間スラブ基礎)にも対応した発泡ポリスチレン型枠「J-リミテッドフォーム」です。軽量で加工しやすく、組立も簡単。断熱性も高く、足下から住宅を守ります。
もちろん防蟻対策も万全。国内で10年以上の実績のあるパフォームガードRを使用しています。(Perform GuardRは防蟻断熱材の特許商標です。)

モールドの型枠は基礎伏図に基づき、各部のユニットに分割されて工場であらかじめ組み立てられます。職人の技術に左右されず、きわめて精度の高い、品質の一定した基礎をつくることができます。現場工期短縮はもとより、現場に余分な資材を持ち込まないため、施工現場の美観保持、廃棄物抑制などにも貢献します。
浮かし型枠で耐 圧盤と立ち上がりコンクリートを同時に施工継ぎ目のない、強度的にきわめて安定した基礎をつくることができます。

基礎工事全体のコストダウンを実現します。型枠の価格という一部の比較ではなく、基礎工事全体のトータルコストを比較してください。

軽量で施工性がよく、ストックスペースを必要としません。また、コンクリート打設後の解体も不要です。

基礎工事に重いコンパネは不要です。フォームベースを組み合わせるだけで、そのままコンクリート打設でき、後片付けが不要です。修正もお手持ちのカッターで自由自在。配管・配線穴あけも簡単打ち込み式のため、パネルの取り外しの手間がいらず、施工時や保管のストックスペースが不要です。
保温性に優れた発泡スチロール製なので、フォームベース自体に養生材としての機能があります。


パフォームガードは極寒の南極基地で40年以上も前から使用されている、優れた性質を持つビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)に、人体や動物などに無害な無機質(ホウ酸系化合物)の物質を、ビーズ一粒づつ均一に含有させる技術を用いて作られた、シロアリ防除機能付きの断熱材です。

 

 

 

 

 

 

施工

 

J-リミテッド基礎(耐圧盤式土間スラブ基礎)

 

 

 

 

ベタ基礎

 

 

 

 

布基礎

 

 

 

 

一般物性

  J-リミテッドフォーム 単位 試験法
熱伝導率(20℃) 0.034 W/m・k  
圧縮強さ(平面) 14以上 N/c㎡  
密度 29以上 kg/㎥  
燃焼性 3秒以下限界線内 -  
吸水量 1以下 g/100c㎡  
透湿係数 185以下 ng/㎡sPa  

 (記載の数値は測定値の一例であり、保証値ではありません)

製造元:東北資材工業株式会社